トゥールビヨン 24セコンド アーキテクチャ

都会感あふれる腕時計
greubel forsey tourbillon 24 secondes architecture 01 - Greubel Forsey

トゥールビヨン 24セコンド アーキテクチャは、グルーベル フォルセイがこれまでに製作したどのタイムピースとも異なります。通常とは全く異なる形状のケース、機能的な構造、造形美にあふれた部品、連携する姿が美しい動力機構、そしてまさに壮大なムーブメント。グルーベル フォルセイが手掛けたこの新しいキャリバーは、凸型で円錐台形状の新しいケースに収められており、従来のムーブメントの構造やデザイン性とは全く異なり、まるで手首の上で美しい建築の世界が展開されているような雰囲気をもたらします。

greubel forsey tourbillon 24 secondes architecture 02 - Greubel Forsey

部品は空間に浮かんでおり、表面、形状、動きが見事に調和した構造を誇示しています。ケースは、まず文字盤側にある大きな開口部から、壮大な姿を披露しています。その開口部の周囲には、この作品にインスピレーションを与えたグルーベル フォルセイの価値観、建築、調和、革新、技術、精緻な仕上がり、情熱、科学、独創性、創造性が、レリーフとして刻まれています。

greubel forsey tourbillon 24 secondes architecture 03 - Greubel Forsey

文字盤側から見ると、完全なラウンドケースのような印象を受けますが、他の角度から見ると、その凸型形状に加え、ケースバンドの周縁部全体を包み込む大型の合成サファイアクリスタル製リングも姿を現します。グルーベル フォルセイは、2007年という早い時期からサファイアクリスタルの横方向の開口部を取り入れてきましたが、上下、そしてケースバンド周囲のあらゆる角度からムーブメントが見えるようにしたのは、今回が初めてです。

greubel forsey tourbillon 24 secondes architecture 04 - Greubel Forsey

ムーブメントに使用されている354個の部品は彫刻が施され、アシンメトリーでありながらも見事に調和して配置されています。それは、まるで自然界で見られる有機的成長過程から生じたかのようです。各部品は、思いがけず立体的に見える平面に浮かんでいるかのようですが、デザイン的にも技術的にも、他のすべての部品との関係において、まさにあるべき場所に配置されています。ムーブメントは都会的な力強さを示しながらも、一息つける程度の余裕を持たせたスペースに配置されています。

トゥールビヨン 24セコンド アーキテクチャ

トゥールビヨン 24セコンド、時分表示、スモールセコンド、トゥールビヨン回転数24秒、パワーリザーブ。

技術仕様をダウンロードする
  • ケースの素材 チタン
  • 限定 66本(2022年-2026年)
  • 時計機構のパワーリザーブ 90時間
  • ケースの直径 47mm
  • 防水性 5気圧 - 50m - 164フィート
  • 部品数 354
  • 振動数 21'600回/時
  • ガラスの高さ 16.80 mm
Architecture Harmonie Innovation Technique Bienfacture Passion
Architecture Harmonie Innovation Technique Bienfacture Passion
Science Exclusivité Créativité Architecture
Science Exclusivité Créativité Architecture
Harmonie Innovation Technique Bienfacture Passion Science
Harmonie Innovation Technique Bienfacture Passion Science
Exclusivité Créativité Architecture Harmonie Innovation Technique
Exclusivité Créativité Architecture Harmonie Innovation Technique
Bienfacture Passion Science Exclusivité
Bienfacture Passion Science Exclusivité

クッキーは最適なユーザーエクスペリエンスを保証します。このサイトに対するクッキーの設定を変更するか、プライバシーポリシーを参照していただけます。

クッキーを設定する